• ホーム
  • SNSでウェブサイトへの導線を作る

SNSでウェブサイトへの導線を作る

パソコンを持っている男性

今の時代では、色々なサイトがSNSを運用しています。
また、SNS上でのみ行われるサービスも少なくありません。
ぜひおすすめしたいのが、SNSでウェブサイトへの導線を作るという方法です。

これの一番の理由は、SNSでの紹介がSEOにつながるかもしれない、という点でしょう。
SNSで話題になった投稿は、そのままSEOでプラスになります。
特に評価があがったり拡散したような情報は、当然検索サイト側も高評価を与える傾向があるのです。
このため、SNSを利用してサイトの価値を高められるかもしれない、というのが基本的なスタンスです。

もう一つの理由は、SNSからの流入です。
投稿したらその内容が広く拡散され、そこからサイトに興味を持った人がやってくる傾向があるのです。
これも無視できない要素となっています。

これらの理由から、今ではサイトオーナーなどがSNSを使う例は少なくありません。
基本的に今の時代、FacebookとInstagram、そしてTwitterの3つのうちどれかを狙えばよいでしょう。
もし3つとも活用したいというのなら当然ぜひ行ってください。
流入を狙うだけなら、基本的に最新情報を定期的にアップするだけで構いません。
ですが、最近では動画や写真を一緒に使ったり、サイトの導線として写真や動画を一緒にアップする傾向もあります。

また、もちろんサイト閲覧者がアカウントを持っていた場合、閲覧者との交流も楽しいものになるでしょう。
こちらもサイトだけではなくアカウント活用につながり、ファンも作れるかもしれません。
やりたいというのであれば、ぜひ行ってみましょう。

さて、それぞれのサービスには個性があります。
Instagramは女子や流行に敏感な人が多く、トレンド情報を流しているサイトには注目が高くなります。
Facebookは比較的年齢層が高い男性が多いとされており、仕事やお金の情報、健康情報、社会の仕組みや政治・経済についての情報が反応されやすいようです。
Twitterは20代男女が中心となっている比較的若いサービスですが、世代が上がるにつれて男性の利用者が増える傾向もあるのです。

これらの個性を踏まえたうえで、サイトの傾向がどのようなものなのかによって、使うツールを変えるのも一つの方法です。
また、アカウントによっては最新情報だけをひたすらシェアしたものがいい場合もあれば、交流を意識した方がいい場合もあります。

サイト内検索
人気記事一覧