SEOに役立つツールを紹介

検索エンジンに対してのアプローチとして、これまでGoogleAnalyticsとGoogleSearchConsoleを紹介しました。
とはいえ、ほかにもSEOに効果があるツールはいくつもあります。
サイト改善のために、ぜひ活用していきましょう。

まず、もしあなたがネット上の膨大な情報に触れたいとか、とあるサイトの過去の情報が知りたいというのであれば「Internet Archive」を探しましょう。
これはネット上に存在する様々な情報をアーカイブしたもので、たくさんの情報を見ることができます。
取得したい中古ドメインが過去にどのようなサイトだったのかを判断したい場合に、このInternet Archiveを使うと過去のサイト情報を見ることができるでしょう。
そのドメインを取得するかどうかの判断材料にもなります。

次に、被リンクをチェックしたいとか、ドメインのリンク状況を判断するために「Majestic」というサービスを使いましょう。
こちらはマーケティングツールとしても使われており、被リンクの状況やそれぞれのキーワードの確認などができます。
複数のサイトを比較したり、スパムリンクかどうかも確認できるでしょう。
Majesticは会員プランもあり、有料会員になるとさらに詳しく判断できます。

また「Moz」というサービスもあります。
こちらはサイトのスコアリングを調べたり、サイトのキーワードを判断したり、スパムリンクを確認することができます。
過去には情報発信も積極的に行っていましたが、今ではサイト改善のためのツールのサイトに特化しています。
比較的小規模なビジネスや企業サイトなどに向いているとされているので、Mozを使ってビジネスサイトを運営するのは良い方法です。

SEOにおいて、大事な被リンクについて分析するのであれば「ahrefs」というツールもあります。
こちらは特に被リンクに重視したサービス提供となっており、競合サイトのことまで調べられるのが大きなポイントでしょう。
有料サービスなので少々費用は掛かりますが、本格的に何らかの判断をしたいとか、判断材料は多い方がいいという時には、ahrefsを使うのも良い選択肢です。

そのほかにもいろいろなツールがありますが、基本的にこれらのツールを同時に使うことで、よりSEO効果が高くなるとされています。
判断材料を増やしサイト改善をしたいというのなら、利用を検討してみましょう。