• ホーム
  • SEOには種類がある、ブラックハットとホワイトハット

SEOには種類がある、ブラックハットとホワイトハット

ここまで、いくつかのSEOの方法とポイント、改善するための方法を紹介してきました。
とはいえ、これらの方法すべてが効果的かと言うとそうでもありません。
実はSEOには種類があり、ブラックハットSEOというものと、ホワイトハットSEOというものがあります。

ブラックハットとは、Googleの検索アルゴリズムを悪用して上位表示を狙う、いわゆるあまり良くない、あるいは不正の検索エンジン対策です。
基本的にこれらが発覚すれば、検索エンジンのガイドライン違反などでペナルティを受ける可能性が高い施策を指します。
この場合、検索サイトの利便性や信頼性を損ねる場合があります。
更にサイトのユーザビリティにも悪い影響を与えるリスクがありますので、成果を発生させにくい傾向があるでしょう。

一方、ホワイトハットとはGoogleの検索アルゴリズムに対して最適化し、なおかつ様々な自然発生的なリンクを得るなどの方法でSEOを狙う、いわゆる正当な方法です。
このホワイトハットの場合は基本的にガイドライン違反を行うことはありません。
サイトの利便性を損ねることもなく、不正だと判定されてペナルティを受ける可能性も低い施策を基本に行います。

どちらもサイト外からリンクや評価をもらう外部施策と、サイト内で工夫する内部施策というのがあります。
コンテンツが適切であるかどうか、リンクが適切なタイミングで自然に良いアンカーテキストで発生しているかなど、最適化されていれば、良い施策といえるのです。

気をつけたいのは、過去にはホワイトハットだとされていたものが、今ではブラックハットだと判断される場合がある、という事です。
実はGoogleのアルゴリズムは定期的に更新されており、昔の情報では良しとしていたものでも、今ではリスクが発生する可能性があります。
とくに古いSEO情報をチェックしている場合は、そのコンテンツの内容そのものが古くなっている可能性もあるため注意が必要です。

また、なかにはグレーゾーンの施策もあります。
こちらはブラックかホワイトか、という判断がつきにくいため、注意しなくてはなりません。
例えば相互リンクなどは関連性のあるコンテンツであれば問題はありませんが、そうではない場合はペナルティを受ける可能性が考えられるのです。
このため、基本的にあまりに内容が違いすぎるコンテンツからの相互リンクは避けた方がいいでしょう。

サイト内検索
人気記事一覧