• ホーム
  • Google Search Consoleを役立てよう

Google Search Consoleを役立てよう

サイトを開設して運営するためのノウハウとして様々な方法を紹介してきました。
ここで忘れてはならないのが、Google Search Consoleというものの存在です。
Google Search Consoleとは、Googleが提供するWebマスター向けのツールです。
検索結果や被リンク数、内部リンクや外部リンクの有無、検索クエリの内容とそれらの順位などを分析します。
また、ペナルティの有無や検索キーワードの確認、クロールエラーの分析などもできる、とても高機能なツールです。

今ではほぼ全てのサイトオーナーや運営者が登録しているといっても過言ではありません。
このため、Google上で上位に行きたいのであれば、ぜひ登録しておきたいところです。

登録方法としては、まず基本的にGoogleのアカウントを取得するところから始めましょう。
もし既にGoogleのアカウントを持っているのなら、そちらから利用を開始しても構いません。
次に、Google Search Consoleのトップページへ行き、利用を開始するボタンを押します。
ここでサイトを登録する必要がある場合、サイトを登録しましょう。
この時、自分のサイトだと証明するための方法がいくつかありますが、HTMLファイルをアップしたり、ドメイン名でログインするなどの方法を選びます。

使い方は基本的に登録したサイトの情報をチェックしていくのですが、なかには「特定の期間を抽出したい」とか「特定のユーザーだけを削除した結果が見たい」というような抽出も可能です。
こういった複雑な検索結果についてはフィルタリングができますので、使い方やヘルプなどから確認しましょう。

お勧めなのが、ページごとに確認できる「Fetch as Google」というサービスの存在です。
これはそれぞれのサイトではなくページごとに、どういう検索結果でどういうキーワードで作られているのか、クロールエラーは発生していないか、というようなことを確認できます。
特定ページの検索クエリが気になったり、どのように表示されるかが気になるのであればFetch as Googleを使ってみましょう。
特にランディングページや集客したいページなど、意識しているページほどしっかり効果を期待したいものです。

登録方法はそこまで難しくありませんが、気をつけたいのはドメインの適用が終わっているタイミングで行うことでしょう。
ドメインを取得してサイト構築がある程度できれば、そのタイミングで登録するのがよいでしょう。
内部リンクやペナルティ対策を行うためにも、ぜひ登録しておきたいサービスです。

サイト内検索
人気記事一覧