• ホーム
  • Google Analyticsを使ってサイトの分析をしよう

Google Analyticsを使ってサイトの分析をしよう

また、Googleの検索結果に影響するものとして有名なのが、Google Analyticsというサービスの存在です。
こちらも無料で利用することが出来ますので、サイトを作ったら毎日の分析のために、そしてサイトの運営のためにぜひ登録しておくといいでしょう。

このサービスは、基本的にサイトのアクセス数や検索結果からの見方、サイトの離脱率などをチェックできます。
どのようなルートでサイトに流入し、どのような動きをして、どのように他のサイトに移っていくのか、ということをチェックできるのです。
セッション数がいくつで、その日の流入経路はどのようなものか、というようなことを確認でき、場合によっては、広く拡散された日の行動や内容を分析することができるのです。

面白いのは、ユーザーがどういう人たちなのかもわかるかもしれない、という点でしょう。
サイトの閲覧者が男性か女性なのか、世代はどこか、どの国の人に良く見られているのか、というようなことも、Google Analyticsでは判断できます。
このユーザー像を明確にして、どのような世代に需要があるのかということを確認するのも、サイト改善につながります。

このため、サイト運営者のほとんどがサイトの改善のために使っています。
サイトユーザー像が把握できて、そういう人がサイト内でどのような動きをするか、どこで離脱するのか、という情報が毎日掲載されます。
日々のセッション数や離脱率、流入ポイントなども分かるでしょう。
この情報によって改善するポイントが変わってくるため、サイト改善にとても効果的なのです。

このように、サイトの分析はGoogle Analyticsを利用しているほぼ全てのサイトで行われています。
使い方については難しい点も多くみられるため、Google内で学習してから利用した方がいいでしょう。
なお、Google Analyticsも登録のタイミングはドメインを取得し、サイトを運営する段階で行った方がよいでしょう。
登録期間が長ければ長いほど情報も集まりやすくなるため、分析結果もより詳細になり、活用しやすくなるでしょう。

登録に費用は掛からず、誰でも無料で活用できます。
使い方を開設したブログやネット記事なども多くありますが、当然Google Analytics側が準備したヘルプやユーザーガイドを見るのが一番でしょう。
そこから毎日の分析をしたり、サイト改善のために役立てていってください。