• ホーム
  • バックリンク対策は必要かどうか考える

バックリンク対策は必要かどうか考える

パソコンと笑顔の男性

さて、何度も伝えているように、バックリンクはSEOに大きな効果をもたらします。
では、リンクをただ受ければいいかと言うとそうではありません。
実はGoogleは「ただむやみにバックリンクを受ければいいというわけではない」という事を伝えています。

実は、過去にGoogleはサイトの掲載順位に「バックリンクが大きく影響する」という事を公表していました。
このため、Googleでいかに上位表示させるかを狙った人達は自分達でリンクを得るようにしたり、色々な方法を取ったのです。

その一つがリンク購入でした。
これはリンクを売るサイトを作り、リンクを貼ることで収益を得るというサービスです。
ところが、こうなると自然なリンクや意味のあるリンクではないため、検索結果にもあまりいい影響を及ぼしません。
また、むやみにリンクを貼ってもらうためのサイトとして、たくさんの内容が薄いサイト(サテライトサイト)を作ったり、サイトにこっそりリンクを貼るなどして、不自然にリンクを増やす方法を作り出したのです。

Googleはこの結果をもとに、リンクを売るリンクファームからのリンクや、サテライトサイトからのリンクを否認しました。
悪質な場合はペナルティを受けるようになり、掲載順位が大きく下がったり、表示されないなどのデメリットが発生します。
また、内容が薄いリンクや相互リンクなども評価を下げたり、場合によってはペナルティを受ける可能性も出てきます。

Googleが重視しているのは、自然で良質なリンクが自然に発生することです。
実はこういったことは検索ガイドラインとしてまとめられており、違反する行為をガイドライン違反として禁止しています。
禁止行為の中には先ほど出たようなリンク購入やリンクファーム、リンクの不自然な大量発生などがあります。
こういったことは特に重要な禁止事項として設定されているのです。

ですから、このようなことは現在ではあまり行われていません。
Googleの検索アルゴリズムでもサイト内の評価やサイト内の状態をチェックしたり、自然で良質なリンクかどうかをチェックしているため、ガイドライン違反も割と簡単に分かってしまうのです。
その一方で、相互リンクはある程度関連性があるサイトであれば評価する、などのように、どうもはっきりしない点も少なくありません。
重要なのは、被リンクを買ったり、やたらリンクを受けるだけのサイトはあまりに不自然で、ペナルティを受ける可能性があるという事でしょう。

サイト内検索
人気記事一覧